教育

高すぎる教育費 どう考えるべきか

「子供の教育には、出来る限りお金をかけてあげたい」、親ならば誰もがそう思うことでしょう。
もちろん、子供に合う教育を選択し、受けさせることは、とても大切なことです。
しかし、現状の日本では、教育費が高すぎる状況が当分変わりそうにはありませんね。
子供の成長と共に、家計の中の教育費の占める割合は、年々大きくなっていきます。
子供の人数が多ければ、教育費の分配に頭を悩ませるケースも、さらに多いことでしょう。
塾や習い事などを続ける費用もバカになりません。
確かに、子供の可能性を育てるのは大切なことですが、ただ、やみくもに費用を出すだけでは、効果があらわれないことも多いです。
子供の適性や能力を考え、教育の内容が金額に見合ったものであるかを見極めること、これをもう一度、シビアに見つめ直す必要がありますね。
 大学に関して言えば、「誰もが行くから行かせる」のではなく、親子で今後の進路をよく見つめて必要性を確認した上で、進学を決めるべきでしょう。
安易な気持ちで奨学金を借りることは、社会人になった途端に、経済的にマイナスからのスタートになってしまいます。
「教育費も投資の1つ」というくらいのシビアな考えを持つことも、これからの社会では必要なことではないでしょうか。

Copyright© 教育 All Rights Reserved.